妊婦歯科健康診査の助成

ページ番号:E020951更新日:

 妊娠中は、ホルモンバランスの変化や、つわりによる嗜好の変化、歯磨き不足などにより、歯肉が腫れやすくなったり、虫歯が進行しやすくなります。また、重度の歯周病により、早産・低体重児出産の頻度が高まる可能性も報告されています。また、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌は存在しませんが、お母さんの唾液を介して赤ちゃんに感染します。

 そこで、妊婦さんの健康、生まれてくる赤ちゃんの健康のために、歯科健診を受けましょう。

1.受診対象者     南さつま市内に住所のある妊婦さん

2.受診回数・時期   妊娠期間中に1回

             *できるだけ安定期に入ってから受診しましょう。

3.費用        無料

4.受診医療機関    南さつま市・枕崎市の協力歯科医療機関(対象歯科医療機関一覧)

5.受診方法      実施医療機関に妊婦歯科健診の予約をしてください。

6.受診時の持ち物   妊婦歯周疾患検診受診票・母子健康手帳

7.注意事項      ・受診票を利用しての歯科治療は出来ません。

            ・受診票を使用せずに歯科健診を受診した場合の費用の払い戻しは行いません。

            ・原則、受診票の再発行はいたしません。

            ・転出した場合は受診票は使用できません(妊婦歯科健診は受診できません)

             ので、転出先でお尋ねください。