【見直そう!農業機械作業の安全対策】令和3年度「秋の農作業事故ゼロ運動」実施中

ページ番号:E023489更新日:

 鹿児島県では、農作業事故の未然防止を目的として、農繁期の9月~10月を「秋の農作業事故ゼロ運動」の実施期間と定めています。

 鹿児島県でも農業機械による農作業事故の発生が後を絶たない状況にありますので、「見直そう!農業機械作業の安全対策」をスローガンに、下記のような安全対策を徹底して農作業事故を無くしましょう!

1)トラクターに安全フレームを装着し、運転時にはシートベルト、ヘルメットの着用を徹底しよう。

2)トラクターに作業機を装着して公道を走行する際は、灯火器を設置して、安全運転を心がけよう。

3)トラクターが走行するために十分な道幅を確保しよう。

4)機械の詰まりを取り除く際は、機械の動作停止を確認してから取り除こう。

5)農業機械の定期的な点検・整備を行い、整備不良による事故を防ごう。

6)こまめに水分補給を行い、熱中症に気をつけよう。

関連サイト

鹿児島県ホームページ「農作業の安全」 (外部サイトへリンク)

農林水産省ホームページ「農作業安全対策」 (外部サイトへリンク)