H28.11.21 平成28年12月記者懇談会

ページ番号:E019777更新日:

 平成28年12月記者懇談会を開催し、次のようにご説明申し上げました。

 

 本日は、南さつま市の12月定例市議会を前に記者懇談会を開催させていただきました。大変お忙しい中、ご出席いただいた皆さま方に感謝を申し上げたいと思います。

 ご承知のとおり、平成27年10月1日に実施されました国勢調査の確定値が、10月26日に総務省から発表され、本市の人口は、平成22年の国勢調査より3,265人減少の35,439人となりました。増減率は8.44%の減となっており、鹿児島県19市の中で4番目に減少率が高いという結果です。また、鹿児島県の人口は、164万8千252人で、戦後最少の人口となりました。全国の人口も、大正9年の調査開始以来、初めて減少するなど、多くの地方自治体において、人口減少が依然として進んでいることが明らかとなりました。本市としましては、引き続き人口減少に歯止めをかけるべく様々な施策を推進してまいります。

 11月25日から12月16日まで、22日間の会期で開催予定の平成28年第5回市議会(定例会)の内容等について、ご説明いたします。

 今回の定例市議会には、南さつま市教育委員会委員の任命や補正額11億1,905万2千円の平成28年度一般会計補正予算(第7号)、「南さつま市立図書館」など4施設に係る指定管理者の指定など18件の議案を上程いたします。

 

■市政概要(当面の課題)

 本市における当面の課題についてですが、

○第2次南さつま市総合振興計画策定について

 市制施行後10年を迎え、これまでの成果や新たな課題を踏まえ、地域のさらなる魅力と活力を生み出すため、平成29年度から平成33年度までの5年間を計画期間とした第2次南さつま市総合振興計画を策定することとし、現在、原案を策定中であり、今後、南さつま市総合振興計画審議会による諮問・答申後、最終決定を行い、基本構想を3月議会に上程する予定であります。

○公共下水道について

 公共下水道につきましては、県知事からの「異存なし」の回答を受け、9月13日に都市計画を決定いたしました。引続き、都市計画事業の認可申請を行い、11月9日に県知事から認可を受け、現在、社会資本整備総合交付金の交付申請を行っており、決定し次第、基本設計を進めてまいります。

 

■今後の行事・イベント等の予定          

○南さつま長命草フェア

 南さつま長命草ブランディング事業取組の一環として、長命草を食する機会と普及を図るため、外食プロモーションでのPR活動として「南さつま長命草フェア」を12月18日まで開催し、市内8つの飲食店で長命草を使った様々なメニューを提供していただきます。

○南さつま市天体観測施設オープニングセレモニー    別紙資料③

 本市出身のアマチュア天文家である宇都(うと)(ふみ)(あき)氏より寄贈されました天体観測施設の完成を記念して、11月22日にオープニングセレモニーを予定しております。12月1日から「南さつま市コリノ天文台」として開館いたしますが、多くの方々に本市の美しい星空を思う存分堪能していただける施設として、活用してまいりたいと思います。

○かごしま春の3大ウォーク「第5回南さつま海道鑑真の道歩き」

 来年の2月25日と26日にかごしま春の3大ウォークである「第5回南さつま海道鑑真の道歩き」を開催いたします。2日間で4つのコースを設けており、距離も約12kmから17kmと、どなたでもお気軽に参加できるコースとなっております。今年は、新たな取組みとして、卒業の記念やクラス・地域での思い出づくりとして、クラスや地域での団体参加を募集するほか、各コースの集合場所までの臨時路線バスを運行します。また、郵送振込による申込に加え、インターネットサイトを使った申込を開始し、参加料の支払いもカード決済やコンビニ決済が可能となります。道歩きでは、地元の方々の「おもてなし」や会話を楽しみながら、南さつま海道の雄大な景色を堪能していただきたいと思います。

 このほか、資料にございますとおり、本市では、年末から新春に向けて、様々な行事・イベントを実施いたします。多くの市民の皆さんがイベントを盛り上げるため、一緒に頑張ってくださっておりますので、ぜひそのような場面も取材していただきたいと思います。

 また、資料はございませんが、秋の叙勲で新屋眞二(しんやしんじ)氏が瑞宝双光章を受章されました。春の叙勲で瑞宝小綬章を受章された中島(なかしま)一憲(かずのり)氏、お二人の叙勲受章祝賀会を12月16日に予定しております。市民の皆さんと共にお二人の受章をお祝いしたいと思います。