母と子の健康

ページ番号:E016687更新日:

母と子の健康

母子健康手帳交付と妊婦健康相談

 医療機関などでの検査の結果、妊娠がわかったら、できるだけ早めに、妊娠の届け出をして、母子健康手帳の交付を受けましょう。その際は、医療機関で記載してもらった妊娠届出書をお持ちください。

概要

○母子健康手帳の交付

・お母さんやお子さんの健康や発育・発達、予防接種の記録等に役立ちます。

○「健康診査受診票綴」の交付

・妊婦健康診査を公費で受けられる受診票等が綴じ込んであります。

○妊婦健康相談の実施

・健康相談や栄養相談、歯科相談が受けられます。

手続きに必要なもの

○妊娠届出書(医療機関で記載してもらいましょう。)

日程

  左手-T~1.PNG 母子健康手帳の交付と妊婦健康相談の日程

※日程が変更になる場合がありますので、事前に健康推進係に確認してください。

その他

・妊婦さんへのアドバイスを妊娠初期から行えるよう、妊娠11週頃までの届出を勧奨しています。

妊婦健康検査

母子健康手帳交付時に交付された「健康診査受診票綴」に綴じ込まれている受診票(14回分)を使って受診してください。受診票は、現住所のある市町が契約している医療機関・助産院しか使用できません。また、住民票がある場合のみ使用できますので転出された場合は、転出先の市町の母子保健窓口に必ず連絡してください。健康診査を定期的に受診して、安心して出産の日を迎えましょう。

受診時期
  • 初診〜23週まで・・・4週に1回
  • 24週〜35週まで・・・2週に1回
  • 36週以降・・・・・・・毎週1回
里帰り先での受診
  • 里帰り先(鹿児島県外)で受診された場合は、一部費用の払い戻しをいたします。

   左手-T~1.PNG 妊婦健診費用の払い戻し

健診内容
  • 受診票を使っての健診内容です。

乳幼児健康診査

対象時期に母子保健推進員から各種健診を案内します。

集団健診が主ですが、9〜11か月児健診(受診票は、妊婦健康診査受診票綴にあります)は個別医療機関を受診してください。

健診一覧
名 称 時 期 費用 場 所 持参するもの
3〜4か月児
健診
生後90日〜149日 無料 ふれあいかせだ ・問診票・母子手帳
6〜8か月児
健診
生後180日〜269日 無料 ふれあいかせだ ・問診票・母子手帳
9〜11か月児
健診
生後9か月〜
1歳の誕生日の前日まで
無料 委託医療機関 ・健康診査票綴の受診票
お誕生相談 1歳の誕生月 無料 ふれあいかせだ ・問診票・母子手帳・歯ブラシ
1歳6か月児
健診
1歳6か月から
2歳未満
無料 各保健センター ・問診票・母子手帳
・歯ブラシ
2歳児歯科健診 2歳の誕生日から
60日以内
無料 各保健センター ・問診票・母子手帳
・歯ブラシ
3歳児健康診査 3歳から4歳未満 無料 各保健センター ・問診票・母子手帳
・歯ブラシ
4歳児歯科健診 4歳5か月〜
5歳未満
無料 各保健センター ・問診票・母子手帳
・歯ブラシ・コップ

日程についてはこちらをご覧ください。⇒ 平成28年度健康のしおり(母子保健スケジュール) (PDF形式)

出産と育児についての健康教室 

新生児・妊産婦の訪問指導

 助産師・保健師が、新生児や妊産婦のいる家庭を訪問し、出産や育児などのアドバイスを行っています。生後すぐに妊婦健康診査受診票綴のはがき「出生連絡票」に訪問してほしい場所を書き、市役所健康増進係へ提出若しくは郵送してください。
お産のため市外に里帰りする場合は、里帰り先で受けられることがあります。「出生連絡票」の訪問希望場所に里帰り先等の住所をご記入ください。市役所から管轄の市町村役場に連絡します。

こんにちは赤ちゃん事業

生後2か月ごろの乳児のいる家庭を訪問し、育児に関する不安や悩みを聞いたり、子育て支援に関する情報提供等を行ったりします。

子育て支援

わんぱくランド

ふれあいかせだを「親子ふれあいの場・交流の場」として開放しています。遊具等も置いています。

すこやか育児相談

ふれあいかせだ「すこやかプラザ」で毎月第1月曜日(変更あり)午前9時から10時30分受付で母乳栄養・離乳食・発育発達・育児のことなど相談に応じます。

子育て支援教室

子どもへの関わり方や親子関係を見つめ直す場として親子ふれあい遊びの子育て教室を本庁・各支所で行っています。

らんらん教室

子育てに不安のある親子や発達の気になる子どもを対象に、子どもの発達を支援する教室です。

発達相談会・言葉の相談会

子どもの心身の発達や言葉の悩みについて、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、心理相談員等の専門職による個別相談会を行っています。

母子医療費の助成制度

妊娠高血圧症候群や糖尿病などの妊産婦に対する医療費(妊娠高血圧症候群等療養援護費)

妊娠高血圧症候群や糖尿病などにり患し、7日以上入院して治療を受けた妊産婦に対して、入院治療費の一部を助成しています。(ただし、前年分の所得税額が3万円以下の世帯が対象です。)

未熟児に対する医療費(未熟児養育医療)

未熟児で生まれ、指定養育医療機関に入院して治療を受ける場合の医療費のうち、自己負担分の一部を助成しています。

身体障害児に対する医療費(育成医療)

身体に障害のある18歳未満の児童が指定医療機関で治療を受ける場合の医療費のうち、自己負担分の一部を助成しています。

小児慢性特定疾患に対する医療費(小児慢性特定疾患治療研究事業)

国が指定する小児慢性特定疾患(悪性新生物、内分泌疾患、糖尿病など)にり患した18歳未満の児童(継続の場合は、20歳未満まで)が指定医療機関で治療を受ける場合の医療費のうち、自己負担分の一部を助成しています。

特定不妊治療に対する医療費(不妊に悩む方への特定治療支援事業)

配偶者間の特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)に要する治療費の一部を助成しています。

子どもの医療費(すこやか子ども医療費助成制度)

中学校卒業年度(15歳に達する日以後の最初の3月31日)までの子どもが医療機関で治療を受けた場合、その医療費の自己負担分の全額を助成しています。
(この制度の問い合わせ先は、市こども応援室又は各支所)

予防接種

BCGやポリオなど予防接種法に基づき、各種の予防接種を実施しています。

子どもの虐待に関する相談

虐待(子どもの健康や健全な成長・発達を損なうような不適切な関わり)が疑われたら、市子ども応援室、県中央児童相談所又は、最寄りの保健課健康推進係、各支所市民課へすぐご相談ください。(通報者の秘密は守ります。)

乳児栄養強化事業のミルク支給について

乳児の栄養改善のため、乳製品(調整粉乳)を無料で支給しています。

●乳児のミルク・・・・所得税が課税されていない世帯等に属する3〜4か月児健診で身体発育が標準に満たない乳児

●多胎児のミルク・・・一人目をのぞく二人目以降の乳児(所得制限はありません。)

●ヒトT細胞白血病ウイルス1型陽性(HTLV-1キャリア)と診断された母親から出生した者

お問い合わせは、本庁 保健課健康推進係・各支所市民課へお問い合わせください。

先天性代謝異常等検査

極めてまれに生まれつき酵素やホルモンが欠けているために起こり、早期に治療を始めれば予防できる病気の検査を実施しています。

生まれた病院で、生後すぐに血液検査により行います。「健康診査受診票綴」に綴じ込みの検査申込書を使って検査を受けてください。(一部自己負担があります。)検査結果は、異常があった場合に連絡があります。(お産のために里帰りされる方は、医療機関にご相談ください。)

マタニティマーク

妊産婦さんにお使いいただくためのマークです。
妊産婦さんが身につけ、周囲の方々が配慮をしめしやすくするために、厚生労働省が決定しました。
マタニティマーク~1.JPG

【お問い合わせ先】

●南さつま市役所 保健福祉部 保健課 健康指導係 TEL:0993−53−2111
●金峰支所 市民課市民生活係  TEL:0993−77−1111
●大浦支所 市民課市民生活係  TEL:0993−62−2111
●笠沙支所 市民課市民生活係  TEL:0993−63−1111
●坊津支所 市民課市民生活係  TEL:0993−67−1441