薩南病院小児科、一部再開

ページ番号:E016337更新日:

薩南病院小児科、一部再開

平成26年10月から毎週1回、地域医療の充実を期待

根路銘先生.JPG

鹿児島大学大学院医歯学

総合研究科地域医療学分野

准教授 根路銘 安仁 氏

 今秋よりお世話になります根路銘 安仁(ねろめ やすひと)と申します。珍しい名字で沖縄県出身です。珍しく難しいため却ってよく覚えてもらえるため重宝しております。鹿児島大学を卒業後、鹿児島こども病院、済生会川内病院、出水市立病院(当時)、鹿児島市立病院、田上病院(種子島)と北薩地域を中心に勤務してきました。南薩での小児科勤務は初めてで楽しみにしております。

 現在離島へき地医療人育成センターに在籍しており、地域で働く医療者の育成のための大学教育と、「HTLV-I母子感染対策」や「子どもの死亡調査」など小児保健分野の研究や対策事業にも携わらせてもらっております。そのため、南薩地域の医療機関にも訪問させてもらっており、食事がおいしく良い地域であると思っています。また、医学部の同期も当市で開業されており、妻は別市にはなりますが週1回勤務しており、今回縁が強くなると考えております。

 基本的に徳田先生と交互に週1回午後からの診療と、限られた診療時間ですのでできることは限られるかと思います。当初は、健診や予防接種、相談事業などを予約制で行っていきます。微力ではありますが開業の先生方と協力させていただきたいと思います。皆様の期待に応えるだけのものではないかと思いますが、南薩地区の小児医療の改善の端緒となればと考えておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

徳田先生.JPG

鹿児島大学病院医療環境

安全部感染制御部門

特殊准教授 徳田 浩一 氏

 10月1日よりお世話になります徳田浩一と申します。平成5年に鹿児島大学を卒業後、鹿児島大学病院、鹿児島こども病院、済 生会川内病院、上天草総合病院(熊本県)、県立大島病院、県立鹿屋病院、鹿児島医療センター、鹿児島市医師会立病院など多くの病院で小児科診療に携わってきました。また、平成15〜18年の3年間は県立薩南病院小児科に勤務し、南さつま市のたくさんの方々にお世話になりました。南さつま市は気候も環境もよく、子供達がのびのび育っているという印象を持っています。私の2人の子供もここで大きくなりました。当時の薩南病院は、小児科医師2人体制で、急患や重症小児の診療を行っていましたので、大変な経験をしたこともありましたが、住民の方々や病院スタッフに支えられ、多くのことを学ばせていただき、また楽しい思い出もたくさんできました。県立薩南病院での勤務後は、国立感染症研究所に2年間、東北大学病院に3年半勤務し、さまざまな感染症に関する診療や調査研究に従事し、現在は鹿児島大学病院で、感染症診療や院内感染対策の活動を行っています。

 薩南病院での勤務は私にとって8年振りとなりますが、予防接種や健診を中心に、少しずつ活動を広げて、南さつま市の小児医療に貢献したいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

 県立薩南病院で小児予防接種、健診・相談を開始

  ○日時=毎週水曜日 午後2時 〜 5時

   ○場所=県立薩南病院外来診察室

    ※事前に予約が必要です。

     鹿児島市内の病院からの、慢性疾患に対する紹介診療も行われます。

   ◎問い合わせ先= 県立薩南病院 TEL (53) 5300

薩南病院ホームページからも問い合わせできます。