子宮頸がん

ページ番号:E016349更新日:

子宮頸がん

3回接種

対象者:小学6年生〜高校1年生相当年齢の女性

【標準的な接種期間】 中学1年生の間

【標準的な接種間隔】 1回目から1月又は2月後に2回目

1回目から6月後に3回目

☆ ワクチンの種類により接種間隔が異なります。

医療機関一覧

子宮頸がん予防ワクチン接種(一時、接種勧奨の差し控え)

国の方針により、平成25年6月14日から、子宮頸がん予防接種の接種勧奨を一時差し控えています。

  • 国は、これまで接種を受けた人に、ワクチンとの因果関係を否定できない痛みがみられたことから、接種勧奨を一時的に差し控え、副反応に関する調査を行っています。
  • 定期接種を中止するものではないため、接種を希望する人は従来通り、公費負担で接種が受けられます。
  • 接種にあたっては、ワクチンの有効性やリスク等についてご確認ください。
  • 接種による副反応で、治療が必要になったり、障害が残るなどの健康被害が生じた場合には、法律に基づく救済が受けられます。
  • 子宮頸がんの予防については、予防接種のほか、子宮がん検診を定期的に受診することが重要です。

厚生労働省配付リーフレット(下をクリックすると拡大します。)

リーフ~1.JPG リーフ~2.JPG

差し控えの詳しい情報や国の検討状況については「子宮頸がん予防ワクチン接種勧奨の一時差し控え」をご覧ください。

接種後の痛みの診察については「子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診察」をご覧ください。

接種の前に

厚生労働省が、子宮頸がん予防接種についてのリーフレットを作成しましたので、ご参照ください。

市民の~1.JPG

市民の~1.JPG

              

対象者、対象となるワクチン

対象者

小学6年生~高校1年相当年齢の女性【標準的な接種期間:中学1年生の間】

(南さつま市に住民登録がない方は、住民登録のある市町村へお問い合せください。)

○妊娠又は妊娠している可能性のある方は接種を控えてください。

○予診票は現在、配布しておりません。

対象となるワクチン

子宮頸がん予防ワクチン

サーバリックス(2価ワクチン)

ガーダシル(4価ワクチン)

※2つのワクチンの互換性に関する有効性や安全性を調査したデータはないため、1回目に接種したワクチンと同じワクチンを継続して2回目・3回目を接種してください。

接種スケジュール

1.サーバリックス

接種回数は3回です。

【標準的な接種間隔】1回目を0月とすると、2回目が1か月後、3回目が6か月後に接種

子宮頸がんサーバリック.png

2.ガーダシル

接種回数は3回です。

【標準的な接種間隔】1回目を0月とすると、2回目が2か月後、3回目が6か月後に接種

子宮頸がんガータルシ.png

子ども未来課 母子保健係

〒897-8501 南さつま市加世田川畑2648番地
電話:0993-76-1541(直通)
FAX:0993-52-2010