◆昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性の方を対象として、風しんの抗体検査・風しん予防接種を無料で実施しています

ページ番号:E021694更新日:

 平成25年には全国で、成人男性を中心に風しんの流行がみられ、平成30年にも成人男性を中心とした風しんの流行が都市圏を中心にみられたことを受け、国は緊急風しん対策を行うことを決めました。

 風しんに罹患すると、自分自身が苦しい思いをするだけでなく、風しんに対する十分な免疫を持たない女性が妊娠中に感染すると、生まれてくる赤ちゃんが心疾患、白内障、難聴などの疾患(先天性風しん症候群)に高い確率でかかるおそれがあるため、他人事とは思わず、ご自身の抗体の確認をすることはとても大切なことです。

 今回の取組みの具体的な対策は、公的補助による風しんの予防接種を受ける機会が一度もなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性を対象に3か年のうちに風しんの抗体検査と予防接種を無料で実施することとなっています。

対象となる方 (風しん抗体検査)

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれで、南さつま市内に住所を有する男性

 ただし、次の①から③に該当する方は、抗体検査を受ける必要はありません。

 ① これまで風しんにかかったことがある方

 ② これまでに風しんの予防接種を受けたことがある方

 ③ 平成26年4月以降に受けた風しん抗体検査の結果が陽性であった方

 ※今年度は昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性に対しクーポン券を4月初旬に郵送しておりますが、昨年度対象であった昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性も、クーポン券を特定健診会場又は医療機関へ提出いただければ、受検することができます。また、クーポン券を紛失された方は、電話等で申し出ていただければ再発行いたします。

対象となる方 (風しん第5期定期接種)

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれで、南さつま市内に住所を有する男性のうち、風しん抗体検査の結果、抗体価が低いと判断された方

風しん第5期定期接種に使用するワクチン

 風しん単体のワクチンは流通量が限られているため、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を使用します。

クーポンの利用期限

 令和4年3月31日まで

 風しんに罹患したことが無い方及び風しんの予防接種を受けたことが無い方は、必ず期限までに抗体検査を受検していただき、抗体価が低い場合には予防接種を受けてください。

風しん抗体検査の受け方

 風しんの抗体検査は、特定健診会場及び 注1)医療機関で受検できます。

 特定健診会場で受検する場合、予約の必要はありませんが、医療機関で受検される方は、必ず予約をしてください。受検時には、クーポン券本人確認ができるものをご持参下さい。

 注1)医療機関については、厚生労働省ホームページの「風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関(外部サイトへリンク)に記載されているのでご確認ください。

風しんの第5期の定期予防接種の受け方

 風しんの第5期予防接種は、厚生労働省ホームページの「風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関」で受診できます。

 必ず受診される医療機関へあらかじめ予約をしてください。

 受診時には、クーポン券本人確認ができるもの及び風しん抗体検査の結果をご持参下さい。

抗体検査及び定期予防接種を受けたあと

 風しんの抗体検査を受けた後、「定期接種の非対象」と判定された方は、病院から渡される「風しんの抗体検査受診票」は、抗体検査を受けた証明となりますので、大事に保管してください。また、予防接種を受けた方は、病院から渡される「風しんの第5期定期予防接種予診票」が接種済証となりますので、大事に保管してください。

成人男性に対する風しん抗体検査及び風しん第5期定期接種についてのお問い合わせは

保健課 地域健康係 電話 76-1524 または、

厚生労働省 風しんの追加的対策について (外部サイトへリンク)