学校における新型コロナウイルス感染症への対応について

ページ番号:E022679更新日:

保護者・地域の皆様へ

 本県において、新型コロナウイルス感染症の感染者が複数の自治体で確認されております。
 今後、市内小・中・義務教育学校の児童生徒や職員に、新型コロナウイルス感染症の感染者および濃厚接触者が確認された場合は、次のように対応します。
 なお、児童生徒や御家族がPCR検査を受けることになった場合は、必ず学校に連絡してください。その際、児童生徒や保護者のプライバシーは、保護いたします。

1 濃厚接触者が確認された場合

 濃厚接触者は、2週間の自宅待機とします。

 PCR検査で陰性が確認されても、本人は2週間の自宅待機を継続します。

2 感染者(PCR検査結果「陽性」)が確認された場合

 感染者が確認された学校は、原則として、5日間の臨時休校とします。

 ※保健所と協議の上、休校の期間を変更する場合があります。

3 複数校で感染者等が確認された場合

 感染拡大防止の観点から、感染者等が確認されていない学校も含め、中学校区など地域を限定して休校とする場合があります。

【新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について】

《学校における基本的な感染症対策の徹底》

○3密回避(換気、身体的距離の確保、マスク着用)の徹底

○石鹸による手洗い、咳エチケット、適切な消毒の徹底

○発熱等症状時の自宅静養、登校時の検温結果・健康状態の把握と適切な対応

《偏見や差別等の防止》

 根拠のないうわさ話や誤った情報のSNSやライン等による発信拡散は、絶対に慎んでください。感染された方の心情や立場を理解し、冷静に対応するよう御家庭でも、御指導ください。

【問合せ先】

教育委員会 学校教育課 保健体育係

電話 76-1806