9月24 日~30日は「結核予防週間」です

ページ番号:E023462更新日:

・結核はどんな病気?

 全国では、年間約15,000人の新規結核患者が発生し、約2,00人が結核で亡くなっています。「結核は過去の病気」と思われがちですが、今でも1日に40人の新しい患者が発生し、6人が命を落としている日本の重大な感染症です。

・結核の症状は?

・せきが2週間以上つづく。

・痰が出る。

・微熱や体のだるさが2週間以上続く。

・急に体重が減る。

 結核は、早期発見・早期治療が重要です。このような症状が出たら、結核も疑って早めに医療機関を受診しましょう。

 また、市町村の住民健診や職場の健診を積極的に受診して早期発見に努めましょう。

・どうやって感染するの?

 結核とは、結核菌によって主に肺に炎症が起こる病気です。患者がせきやくしゃみをすると結核菌が空気中に飛び散り、それを周りの人が直接吸い込むことによって感染します。

・結核の予防

・適度に運動する。

・好き嫌いをせずバランスのとれた食事をする。

・睡眠を十分にとる。

 結核に感染しても、多くの場合は免疫力により結核菌の増殖が抑えられ、休眠状態になります。普段から健康的な生活を心がけましょう。

関連リンク

 公益財団法人結核予防会HP (外部サイトへリンク)