-受動喫煙対策-『マナーからルールへ』

ページ番号:E022300更新日:

-受動喫煙対策-

『マナーからルールへ』

改正された健康増進法が2020年4月1日より全面施行されます。

 健康増進法が改正され、望まない受動喫煙の防止を図るために、多くの方々が利用する施設等の区分に応じて、一定の場所を除いて喫煙が禁止され、これらの施設等の管理について権限を有する者が講ずべき措置等について定められました。

 概要につきましては、下記の厚生労働省ホームページや 『市民の皆様へ(広報チラシ)』 等で、ご確認ください。

受動喫煙対策(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

『市民の皆様へ(広報チラシ)』 (PDF形式)

『事業者のみなさんへ(広報チラシ)』 (PDF形式)

【施設の区分】

(1)第一種施設(敷地内禁煙)

 学校、病院、診療所、助産所、薬局、介護老人保健施設、難病相談支援センター、施術所(はり・きゅう・柔道整復)、児童福祉施設、母子保健包括支援センター、認定こども園、少年院、少年鑑別所、行政機関の庁舎 等

 ※屋外で受動喫煙を防止するために必要な措置がとられた場所に、喫煙所を設置することができます。

(2)第二種施設(原則屋内禁煙)

 事務所、工場、ホテル、旅館、飲食店、旅客運送用事業船舶、鉄道、国会、裁判所 等

 ※個人の自宅やホテル等の客室など、人の居住の用に供する場所は適用除外されます。

(3)喫煙目的施設(施設内で喫煙可能)

 喫煙を主目的とするバー及びスナック、店内で喫煙可能なたばこ販売店、公衆喫煙所

 ※たばこの対面販売をしており、喫煙場所を提供することを主たる目的とし、併せて、設備を設けて客に飲食させる営業を行うもの。

1 mark020306tyuui.png注意:「対面販売」とは、たばこ事業法の許可を得た者がたばこを販売すること。⇒この許可を得ていなければ、バー及びスナックであっても店内で喫煙をすることはできません。)

【標識例について】

 「喫煙専用室」や「特定屋外喫煙場所」などの標識例をお示ししますので、ご活用ください。

 標識例(PDF形式)

【健康増進法の改正に伴う既存特定飲食提供施設の経過措置について】

 健康増進法の改正により、令和2年4月1日から多くの人が利用する全ての施設において「原則屋内禁煙」が実施されますが、既存の小規模飲食店(既存特定飲食提供施設)には、店内の全部又は一部を喫煙可能な場所とすることができる経過措置が設けられています。

 この経過措置により「喫煙可能室」を設置したときは、速やかに都道府県知事に届け出ることとなっていますが、施行前(令和2年4月1日より前)に届け出ることもできます。

 鹿児島県では、この届出について、下記のとおり受け付けることとしましたので、喫煙可能室設置施設とされる場合は、別途掲載してあります「既存特定飲食提供施設について」の内容を確認の上、所定の様式により届け出てください。

既存特定飲食提供施設について(PDF形式)

1.届出方法

 令和2年3月31日(火曜日)までは、県庁健康増進課へ郵送により提出してください。

 令和2年4月1日(水曜日)以降については、後日、改めてお知らせします。

2.届出先

〒890‐8577 鹿児島市鴨池新町10番1号
鹿児島県くらし保健福祉部健康増進課健康増進栄養係

3.届出期間

令和2年3月2日(月曜日)から受付開始

4.届出書の様式等

届出書 (Word形式)

届出書(記入例) (PDF形式)

変更届出書 (Word形式)

変更届出書(記入例) (PDF形式)

廃止届出書 (Word形式)

廃止届出書(記入例) (PDF形式)

その他

※ご不明な点がございましたら、保健課地域健康係☎0993-76-1524(直通)までお問い合わせ下さい。