社会体育施設や運動施設 休館時のチャレンジシートの行動計画

ページ番号:E023456更新日:

 健康ポイント事業のチャレンジシートの行動計画で、③激しい運動の運動施設に通うや体育館や運動場でのスポーツ(1時間以上)※例えばバレー、サッカー、テニス等を選択された方は、社会体育施設(体育館・武道館・グラウンド等)や運動施設休館時の対応については以下のように行います。

③激しい運動と同程度の運動を行った場合※例えばジョギング(20分以上)は、ポイント付与するものとします。ただし週2Pが上限とします。

②軽い運動(週3回の実施で1P・週5回の実施で2P)を行った場合も、ポイント付与するものとします。

①日常生活での健康行動(週5回の実施で1P)を行った場合も、ポイント付与するものとします。

 以上の③②①共に休館の期間とし、1つの行動計画を選択してください。

 お問い合わせ  
 南さつま市役所 保健課 地域健康係 (本庁舎 1階)各支所市民課 市民福祉係
 電話 (直通)76-1524 (内線 2126・2127)