〇高齢者の肺炎球菌ワクチンの定期予防接種が始まりました

ページ番号:E023269更新日:

 高齢者の肺炎球菌予防接種が、平成2610月から定期接種となり、本年度も対象者の方へ個別に通知を送付しています。

 個別通知を受け取った方で、過去に肺炎球菌ワクチンを1度も接種したことが無く、接種を希望される方は、同封されている市内の医療機関において接種を行ってください。

 なお、市外の医療機関をご希望の方は、保健課地域健康係へ接種できる医療機関であるかお問合せ下さい。

 ※新型コロナワクチンとは2週間の間隔を空けて(2週間後の同じ曜日の日以降に)接種することとされておりますので、予約等においてはご注意下さい。

〇肺炎球菌とは

 肺炎は、わが国の死亡原因の第3位となっていますが、一般に細菌によって生じる肺炎のうち1/4~1/3は肺炎球菌が原因と考えられています。

〇接種対象者(令和3年度)

 南さつま市に住所があり、過去に1度も肺炎球菌を接種をしたことがない、下記表の生年月日の方

年齢 生年月日 年齢 生年月日
65歳 昭和31年4月2日~昭和32年4月1日 85歳 昭和11年4月2日~昭和12年4月1日
70歳 昭和26年4月2日~昭和27年4月1日 90歳 昭和6年4月2日~昭和7年4月1日
75歳 昭和21年4月2日~昭和22年4月1日 95歳 大正15年4月2日~昭和2年4月1日
80歳 昭和16年4月2日~昭和17年4月1日 100歳 大正10年4月2日~大正11年4月1日

〇助成金額

 市が3,000円助成し、残りは自己負担となります。

 ※生活保護者は市が全額負担します。

〇接種期間

 令和3年5月1日~令和4年3月31

問い合わせ先

保健課 地域健康係 ☎0993-76-1524