輝津館&坊津学園「海洋教育」事業 "海の生き物"研究室(B)「海の赤ちゃん大集合!ちりめん生物図鑑」を開催しました!

ページ番号:E019668更新日:

 2016年9月30日(金)、輝津館&坊津学園「海洋教育」事業の第4弾として"海の生き物"研究室(B)「海の赤ちゃん大集合!ちりめん生物図鑑」を開催しました(主催:南さつま市坊津歴史資料センター輝津館)。日本財団の助成を受け、日本海事科学振興財団(船の科学館)が公募する「海の学びミュージアムサポート」の支援対象事業です。

 この日は、南さつま市立坊津学園のランチルームで、鹿児島水圏生物博物館の岩坪洸樹先生による学習講演会とちりめん生物図鑑づくりが行われ、坊津学園5~7年生と一般参加者・関係者、77名が参加しました。

 学習講演会では、ちりめんじゃこの中にひそむ海の生き物として、様々な魚の稚魚や甲殻類などが紹介され、鹿児島の海と黒潮の恵み、いろいろな生き物が海の中で一緒に暮らしているという、「海の生物多様性」などについて学びました。講演会の後は、坊津学園6・7年生が、ちりめん生物図鑑づくりにチャレンジ!!子どもたちは、ちりめんじゃこの中から様々な海の生き物を見つけ出して、それぞれ分類シートに名前などを記入し、ラミネート加工で標本図鑑を仕上げました。

7 2016-9chirimenzukanH281025.jpg

uminomanabirogo.jpg