《南さつま歴史小話》◆2017年4月◆西郷隆盛と小松原の猟犬「雪」

ページ番号:E020058更新日:

 昭和12年に刊行された『南洲翁逸話』〔發行兼編輯人 石神今太〕〔發行所 鹿兒島縣教育會〕は、西郷隆盛にまつわる逸話、秘話、伝説などをまとめたものです。この『南洲翁逸話』には、川邊郡萬世町小松原(現在の南さつま市加世田小松原)の平川與左衞門の猟犬「雪」を、西郷さんが弟を遣わして借り受けたという話が紹介されています〔画像参照〕。

 今回、平川與左衞門の子孫の方からお話をうかがうことができました。この子孫の方は、平川與左衞門の猟犬「雪」を、西郷隆盛が弟を遣わして借り受けたという平川家の家伝を、確かに親から伝え聞いていたとのことです。

 西郷さんが弟を遣わして借り受けたという猟犬「雪」にまつわる平川家の家伝は、いかにも猟を好んだという西郷さんらしい話と言えるでしょう。(文:橋口亘)

nansyuuokina01.jpg

nansyuuokina02.jpg

2nannsyuuituwa.jpg