国民体育大会とは

ページ番号:E020281更新日:

目的

 国民体育大会は、広く国民の間にスポーツを普及し、スポーツ精神を高揚して国民の健康増進と体力の向上を図り、併せて地方スポーツの振興と地方文化の発展に寄与するとともに、国民生活を明るく豊かにすることを目的として行われる日本で最も大きなスポーツの祭典です。

 1946年(昭和21年)、京都を中心とした京阪神地域で第1回大会が開催され、各都道府県の持ち回り方式で毎年開催され、1961年(昭和36年)からは、国のスポーツ振興法に定める重要行事の一つとして、日本体育協会・文部科学省・開催地都道府県の三者共催で行われています。(※2011年(平成23年)からは、スポーツ基本法第26条に定められています。)

 

2020kokutailogo20181130.jpg

      02kokutaisinboruma-ku.png  

「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会」ホームページ(県実行委員会)

   国民体育大会シンボルマーク

 

国民体育大会の開催状況と開催予定地(本大会)

kaisaijoukyou20181127kokutai.png