国民年金に加入する方

ページ番号:E016303更新日:

国民年金に加入する方

国民年金に加入する方

 日本に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、全員が国民年金に加入することになっています。

加入者は職業などによって3つのグループに分かれており、それぞれ加入手続きや保険料の納付方法が違います。

加入者は 加入の手続き先は 保険料の納め方
第1号被保険者

自営業、農林漁業者、学生などの20歳以上60歳未満の人

本人が市町村で加入手続きをします。 日本年金機構から送付される納付書で、金融機関等で納めます。
また、指定した金融機関等から口座振替で納めることもできます。
第2号被保険者

厚生年金に加入している会社員・公務員・私立学校教職員

勤務先が加入手続きをします。

給料から天引きされ勤務先で納付します。

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の人

配偶者の勤務先が加入手続きをします。 国民年金保険料は、自分で納める必要はありません。(配偶者が加入している年金制度が負担します。)

(注) 65歳以上70歳未満の被用者年金の被保険者のうち、老齢基礎年金の受給権を有している人は第2号被保険者に該当しません。そのため、その配偶者は第3号被保険者に該当しなくなります。

任意加入被保険者

次の方は、希望して国民年金に加入することができます。

  • 日本国内に住む60歳以上65歳未満の人で、年金の受給資格期間が足りない人や年金額を満額に近づけたい人。
  • 65歳に到達しても年金の受給資格期間が足りない人が、70歳になるまでの期間で受給権が確保できる場合は、加入期間を延長できます。(昭和40年4月1日以前に生まれた人のみ)
  • 海外に在住している日本人で20歳以上65歳未満の人。
  • 60歳未満の老齢(退職)年金受給者。