南さつま市体育施設の使用料

ページ番号:E015632更新日:

南さつま市体育施設の使用料

1 体育館

区      分 基本使用料(1時間につき)
金峰体育館

津貫地区第1‣久志地区第1・久志地区第2・清原地区栗野地区・坊地区・泊地区・白川地区・大田地区・大坂地区

津貫地区第2・久木野地区・玉林地区・赤生木地区

笠沙地区

専用使用 入場料を徴収しない場合 アマチュアスポーツに使用する場合 300円 150円 150円 150円
上記以外の場合 610円 300円 300円 300円
入場料を徴収する場合 アマチュアスポーツに使用する場合 920円 460円 460円 460円
上記以外の場合 1,850円 920円 920円 920円
一部使用 半面使用 150円 70円 70円 70円
照  明 全灯 300円 150円 100円 200円
半灯 150円 70円 50円 100円

2 運動場

区    分 基本使用料(1時間につき)

大浦総合

グラウンド

阿多地区

公民館広場

専用使用

入場料等を徴収しない場合 アマチュアスポーツに使用する場合 100円 100円
上記以外の場合 200円 200円
入場料等を徴収する場合 アマチュアスポーツに使用する場合 300円 300円
上記以外の場合 610円 610円

一部使用

半面使用 50円 50円
照明 全灯

北側1,020円
南側 410円

1,230円
半灯

南側 200円

610円

3 庭球場

区    分 基本使用料(1時間につき)
丸山島公園庭球場 津貫庭球場
専用使用 入場料等を徴収しない場合 410円 200円
入場料等を徴収する場合 1,230円 610円
一部使用 1コートにつき 200円 100円
  照 明 200円 300円

4 武道館(金峰武道館)

区    分 基本使用料(1時間につき)
専用使用 入場料等を徴収しない場合 アマチュアスポーツに使用する場合 100円
上記以外の場合 200円
入場料等を徴収する場合 アマチュアスポーツに使用する場合 300円
上記以外の場合 610円
  照  明 100円

5 弓道場(金峰錬心館)

区     分 基本使用料

専用使用

入場料等を徴収しない場合 アマチュアスポーツに使用する場合 1時間につき 100円
上記以外の場合 1時間につき 200円
入場料等を徴収する場合 アマチュアスポーツに使用する場合 1時間につき 300円
上記以外の場合 1時間につき 610円
個人使用 1回2時間以内につき 50円
照明 専用使用 1時間につき 100円
個人使用 1時間につき  50円

6 その他施設
(1) 南さつま市人工芝サッカー場及びグリーンドーム金峰

区     分 基本使用料(1時間につき)

南さつま市人工芝サッカー場(1面につき)

グリーンドーム金峰

専用使用

入場料等を徴収しない場合 アマチュアスポーツに使用する場合 1,020円 510円
上記以外の場合 2,050円 1,020円
入場料等を徴収する場合 アマチュアスポーツに使用する場合 3,080円 1,540円
上記以外の場合 6,170円 3,080円

一部使用

半面使用 510円 250円
照  明 全灯 1,640円 200円
半灯 820円

(2) ナイター施設等

区     分 基本使用料 照明使用料
万世ナイター施設 30分につき 610円
加世田ナイター施設 30分につき 610円
丸山島公園ゲートボール場 1時間につき 100円 1時間につき 100円
高太郎公園ナイター施設 30分につき半面 610円
白川ナイター施設 1時間につき 300円
大田ナイター施設 1時間につき 510円
大坂ナイター施設 1時間につき 410円
笠沙ナイター施設 30分につき 610円

備考
  この別表における用語の意義、使用時間の算定並びに使用料の特例及び端数の処理は、次に定めるところによる。

  1. 「専用使用」とは、施設を独占的に使用することをいう。
  2. 「入場料等を徴収する場合」とは、使用者が入場者から入場料等(入場料、観覧料等名目のいかんを問わず、入場の対価又は負担として支払う金銭をいう。以下同じ。)を徴収する場合をいう。
  3. 使用時間(準備及び後片付けに要する時間を含む。以下同じ。)が1時間未満のとき、又は使用時間に1時間未満の端数を生じたときは、当該使用時間は1時間とみなす。ただし、使用時間について30分として規定してある場合にあっては、30分とみなす。
  4. 次の各号に掲げる使用(照明の使用を除く。)の場合の使用料は、それぞれ当該各号に定める額とする。ただし、その使用が複数の使用に該当する場合にあっては、基本使用料に当該該当する使用に係る割合を順次乗じて得た額とする。
    (1) 児童・生徒が使用する場合 基本使用料に100分の50を乗じて得た額
    (2) 使用時間を延長して使用した場合 基本使用料に100分の120を乗じて得た額
    (3) 南さつま市、枕崎市又は南九州市の住民以外の者が使用する場合 基本使用料に100分の150を乗じて得た額
  5. 入場料等を徴収する場合(表中の「上記以外の場合」に限る。)の使用料は、入場料等を徴収する日に応じ、その日の最高額の入場料に100を乗じて得た額に基本使用料(前項の規定の適用がある場合にあっては、その額)を加算した額とする。
  6. 第4項の規定により算定した使用料の額に10円未満の端数が生じたときは、その端数を切り捨てるものとする。

   附 則

 この条例は、平成26年4月1日から施行する。