入札・契約

「週休2日」試行工事について

ページ番号:E027968更新日:

 「週休2日」試行工事実施要領を一部改定しました。(単価適用日が「令和6年4月1日」以降の工事に適用)

1 対象工事

 南さつま市建設部、産業おこし部が所管する事業(水道事業及び森林土木事業を除く)の全ての工事を対象とします。ただし、次の工事は対象外とすることができます。 

〇社会的要請等により早期の完成が望まれる災害時の応急工事等

2 実施概要

【建設部発注工事】

[一般土木事業]

〇発注者は、対象工事を発注する際には、実施要領第7条に基づいて、労務費、機械経費(賃料)、共通仮設費及び現場管理費に通期の48休以上の休日を確保した場合の補正係数を乗じた上で予定価格を作成し、特記仕様書に対象工事である旨を明示します。

〇受注者は、施工計画書提出時に48休以上の休日の取得計画を記載した「休日取得計画実績表」を発注者に提出します。

〇受注者は、「週休2日」試行工事である旨を工事の標示施設に明示します。

〇発注者は、実施要領第7条に基づいて、現場閉所の達成状況を確認後、達成状況に応じて設計変更します。

[営繕事業]

〇発注者は、特記仕様書に対象工事である旨を明示します。

〇受注者は、実施の意向について発注者と協議し、実施の有無を決定する。

〇受注者は、施工計画書提出時に48休以上の休日の取得計画を記載した「休日取得計画実績表」を発注者に提出します。

〇受注者は、「週休2日」試行工事である旨を工事の標示施設に明示します。

〇発注者は、実施要領第7条に基づいて、現場閉所の達成状況を確認後、達成状況に応じて設計変更します。

【産業おこし部発注工事】

〇発注者は、特記仕様書に対象工事である旨を明示します。

〇受注者は、実施の意向について発注者と協議し、実施の有無を決定する。

〇受注者は、施工計画書提出時に48休以上の休日の取得計画を記載した「休日取得計画実績表」を発注者に提出します。

〇受注者は、「週休2日」試行工事である旨を工事の標示施設に明示します。

〇受注者は、計画実績表に休日の取得状況を記入し、毎月月末に発注者へ提出する。また、休日の取得状況が確認できる書類(工事日誌や出勤簿)を併せて提示する。

〇発注者は、実施要領第8条に基づいて、現場閉所の達成状況を確認後、達成状況に応じて設計変更します。

3 実施要領

 『「週休2日」試行工事実施要領』は、令和6年4月1日以降に発注した工事に適用します。

「週休2日」試行工事実施要領(建設部発注工事) (令和6年4月1日) (PDF形式)

【別紙1】休日取得計画実績表(建設部発注工事) (令和6年4月1日) (Excel形式)

「週休2日」試行工事実施要領(建設部発注工事)の改定に係る新旧対照表 (PDF形式)

「週休2日」試行工事実施要領(産業おこし部発注工事) (令和6年4月1日) (PDF形式)

【別紙1】休日取得計画実績表(産業おこし部発注工事) (令和6年4月1日) (Excel形式)

「週休2日」試行工事実施要領(産業おこし部発注工事)の改定に係る新旧対照表 (PDF形式)