成人・高齢者の健康

インフルエンザ予防接種について

ページ番号:E027345更新日:

 インフルエンザの重症化を防ぐため予防接種を実施します。予防接種を受ける際は市発行の予診票または助成券が必要です。対象者には予診票または助成券を郵送でお届けします。

 転入された方及び予診票または助成券が届かない方はお問い合わせください。

高齢者インフルエンザ 乳幼児・小学生・妊婦インフルエンザ
対象者 接種日に次の①または②に該当する方が対象です。
①満65歳以上(昭和321229日までに生まれた方)
②満60歳~65歳未満で心臓、腎臓、又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方
接種日に次の①または②に該当する方が対象です。
①平成22年42(小学生)~令和4年41(生後6か月)
②妊婦:母子手帳交付を受けており、接種時点で妊娠中の方
101日以降に転入または母子手帳交付された方、満6か月になる対象者には随時、助成券を発送します。
接種回数 1回 ①2回 ②1回
接種期間 令和4年101日(土)~令和4年1228日(水)
接種場所 予防接種協力医療機関(要予約)
予防接種料 市が2,000円を助成し、残りは自己負担(生活保護受給者は市が全額負担) 市が2,000円を助成し、残りは自己負担(1回につき2,000円)
問い合わせ先 保健課 地域健康係
0993(76)1524[直通]
子ども未来課 母子保健係
0993(76)1541[直通]