長時間労働につながる取引慣行を見直しましょう!

ページ番号:E021518更新日:

 労働時間等設定改善法が改正され、他の事業主との取引において、長時間労働につながる短納期発注や発注内容の頻繁な変更を行わないよう配慮する必要があります。

 また、厚生労働省においては、事業場の労働基準関係法令違反の背景に、極端な短納期発注等に起因する下請代金支払遅延等防止法(昭和31年法律第120号)等の違反が疑われる事案については、公正取引委員会や中小企業庁に通報する制度の強化を図っていくこととしております。

厚生労働省リーフレット (PDF形式)