小児救急(休日救急)

ページ番号:E016425更新日:

休日の救急

休日当番医は こちらから>>

休日の救急医療


子どもの病気やケガの時は慌てず落ち着いて対処しましょう。

 受診したときに医師に伝えること

  1.どんな状態がいつから始まったか 
       

体温の変化、食欲、機嫌、鼻水(水鼻・青鼻など)
咳(から咳・たんのからんだ咳)
尿・便・発疹・嘔吐の様子
(便や吐いたものを持参すると、診断の手がかりにあることもあります。)



  2.保護者がおかしいと思ったこと、心配なこと

  3.薬を飲んでいる場合は、薬の名前、飲み始めた時期など