コウノトリの助成事業(不妊治療費等助成事業)

ページ番号:E023195更新日:

 南さつま市では不妊治療および不育症治療を行った夫婦に対し助成を行っています。

助成対象者

・南さつま市に1年以上在住又は住宅を取得し居住している夫婦

・法律上の婚姻又は事実婚であることが認められる夫婦

・南さつま市税等に滞納がない夫婦

・対象となる治療を受けた夫婦

のすべてを満たす方

特定不妊治療及び男性不妊治療について
対象医療機関 都道府県知事が指定する医療機関
対象となる治療 新鮮胚移植、体外受精とそれに伴う男性不妊治療
助成額 他の助成を受けた後、残った自己負担額
※男性不妊治療分は別枠で残った自己負担額の半額
1回の妊娠につき最大6回までで、上限額は1回あたり20万円
特定不妊治療の対象医療機関(鹿児島県内)について
医療機関の名称 所在地 電話番号
鹿児島大学病院 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1 099-275-5888
レディースクリニックあいいく 鹿児島市小松原1-40-2 099-260-8878
竹内レディースクリニック 姶良市東餅田502-2 0995-65-2296
松田ウイメンズクリニック 鹿児島市山ノ口町1-10
鹿児島中央ビル3F
099-224-4124
フィオーレ第一病院 姶良市加治木町本町307-1 0995-63-2158
あかつきARTクリニック 鹿児島市中央町11
鹿児島中央ターミナルビル2F
099-296-8177
徳永産婦人科 鹿児島市田上2-27-17 099-202-0007

※県外の自治体が指定している医療機関で受けた場合でも助成の対象となります。

一般不妊治療
対象となる治療 タイミング療法、排卵誘発法、人工授精及びこれらに必要な検査
助成額 他の助成を受けた後、残った自己負担額の半額
1回の妊娠につき最大2年間で、助成額は累計10万円まで
不育症治療
対象となる治療 医師が必要と認めた不育症の原因を特定する検査及び治療
助成額 他の助成を受けた後、残った自己負担額
1回の妊娠につき累計30万円まで
申請期限

治療終了後1年以内

※一般不妊治療及び不育症治療については複数回に分けて申請することができます。

申請に必要な書類

不妊治療費等助成事業申請書 (PDF形式)

不妊治療費等助成事業受診等証明書 (PDF形式)

 ※県の特定不妊治療助成を受けた場合には県の様式の写しでも可

・鹿児島県の助成決定通知書の写し

 ※特定不妊治療で県の助成を受けられる場合

・治療に要した領収証の写し

 ※窓口に原本をお持ちいただければ申請時にコピーを取ります

・助成金を受け取る口座の通帳またはカード

 ※原則、申請者と同じ名義であるもの

・戸籍謄本や住宅の登記事項証明書、事実婚関係に関する申立書 (PDF形式)、納税証明書

 ※必要に応じて要します。詳細はお問い合わせ下さい。

不妊専門相談センター

 不妊に悩む方のために、医学的・専門的な相談や不妊による心の悩み等についての相談窓口があります。全国の不妊専門相談センター一覧(厚生労働省ホームページへリンク)

問い合わせ先
南さつま市役所 市民福祉部 子ども未来課 母子保健係
電話 0993−76−1541