「介護保険負担限度額認定証」の更新申請について

ページ番号:E019332更新日:

 現在お持ちの「介護保険負担限度額認定証」は有効期限が令和2年7月31日までとなっており、今後も介護保険の施設サービス及び短期入所利用をご利用予定の方は更新申請が必要です。

 更新手続きは令和2年7月1日(水)から、本庁介護支援課窓口または各支所市民課にて申請受付いたします。

対象となる方は、次の3つのいずれにも該当する方です。

(1) 本人及び同一世帯の方全てが住民税非課税者であること
(2) 本人の配偶者(別世帯も含む)が住民税非課税者であること
(3) 預貯金等資産の合計額が、単身者は1,000万円以下、配偶者がいる場合は夫婦で2,000万円以下であること

申請に必要なもの

  ○ 印鑑(朱肉を使用するもの)

  ○ 現在お持ちの介護保険負担限度額認定証

  ○ 配偶者分も含む、保有する全ての預貯金等の写し

  (銀行名・口座番号・名義人の記載ページ、直近2ヶ月の出入金記載ページ)

  ○ (注)生活保護受給者は生活保護受給証明書のみ(預貯金等の写しは不要です)

※申請書は本庁及び各支所の窓口に備えてありますが、必要な場合はダウンロードしてご利用ください。

介護保険負担限度額認定申請書 (Excel形式)                    

預貯金等の範囲

種 類 対象か否か 確 認 方 法
預貯金(普通・定期)

対象

通帳の写し (インターネットバンクであれば口座残高ページの写し)
有価証券(株式・国債・地方債・社債など)

対象

証券会社や銀行の口座残高の写し (ウェブサイトの写しも可)
金・銀(積立購入を含む)など、購入先の口座残高によって時価評価額が容易に把握できる貴金属

対象

購入先の銀行等の口座残高の写し (ウェブサイトの写しも可)
投資信託 対象 銀行、信託銀行、証券会社等の口座残高の写し (ウェブサイトの写しも可)
タンス預金(現金) 対象 自己申告
負債(借入金・住宅ローンなど) 対象 借用証書など
生命保険 ×
自動車 ×
貴金属(腕時計・宝石など、時価評価額の把握が困難であるもの) ×
その他高価な価値のあるもの(絵画・骨董品・家財など) ×

(注1)負債(借入金・住宅ローンなど)は預貯金等から差し引いて計算します。

   ※借用証書等で確認

(注2)施設入所等で世帯分離している場合であっても、配偶者の預貯金等の確認が必要です。

(注3)配偶者とは内縁関係も含みます。

(注4)通帳等のコピーは、銀行名・口座番号・名義人の記載ページ、直近2ヶ月の出入金記載ページ

※虚偽の申告により不正に特定入所者介護(予防)サービス費の支給を受けた場合には、支給された額に加え、最大2倍の加算金を返還していただくことがあります。

【お問い合わせ先】

 南さつま市役所 介護支援課 介護給付係

 電話(直通)0993-76-1527