輝津館企画展図録論集『海洋回廊―海の道"薩摩"―』を刊行しました。

ページ番号:E017475更新日:

  

 南さつま市坊津歴史資料センター輝津館では、日本財団助成事業の輝津館企画展「海洋回廊―海の道"薩摩"―」の開催にあたり、輝津館企画展図録論集『海洋回廊―海の道"薩摩"―』を刊行しました。〔2014年10月18日刊行〕〔無料配布〕

《入手希望・お問い合わせ先》

〒898−0101 鹿児島県南さつま市坊津町坊9424番地1

南さつま市坊津歴史資料センター輝津館

電話0993−67−0171

輝津館企画展図録論集『海洋回廊―海の道"薩摩"―』目次

ごあいさつ・目次・「南さつまで作出された金魚―隼人錦・隼人和錦−」・・1

【各論1】

 橋口 亘「薩摩にもたらされた貿易陶磁の諸例―坊津・川辺・知覧・十島村平島・加世田―」・・2〜3

【各論2】

 上田 耕「馬場田遺跡―中世の居館跡から出土した国内外の陶磁器―」・・4〜5

【各論3】

 若松 重弘・橋口 亘「川辺郷地頭仮屋跡出土の陶磁器・土器―海を渡ってもたらされたやきもの―」・・6〜7

【各論4】

 坂元 恒太「景徳鎮窯系青花柑子口瓶―知覧麓伝世のチューリップ文様を持つ貿易陶磁―」・・8

【各論5】

 橋口 亘「知覧城跡出土の唐物茶入―知覧城蔵之城跡出土の中国産褐釉小壺―」・・9

【各論6】

 渡辺 美季「琉球の金魚―「琉金」を手がかりに―」・・10

【各論7】

 橋口 亘「琉金と薩摩―"琉球金魚"海を渡った淡水魚―」・・11

【各論8】

 橋口 亘「新発見の薩摩塔―加世田川畑で保存されていた薩摩塔―」・・12〜14

【各論9】

 橋口 亘・若松 重弘「薩摩硫黄島採集の貿易陶磁―硫黄産地への中国陶磁の流入と硫黄交易―」・・15〜17

【各論10】

 橋口 亘・松田朝由「トカラ悪石島に残る15世紀の山川石製宝篋印塔―中世日本における石塔造立文化圏の南縁―」・・18〜19

 西恵子「故郷の島を守る」・・20

謝辞等・・20