農林業

人・農地プランから地域計画へ

ページ番号:E028695更新日:

 農業経営基盤強化促進法の改正に伴い、令和5年4月より、地域農業の在り方を示した「人・農地プラン」が「地域計画」として法定化され、「目標地図」を新たに作成することが義務づけられました。

 「目標地図」は10年後の1筆ごとの農地を、どの担い手に集積・集約するかを示した、農地利用の将来図となるものです。

 市では、法律に基づき、令和7年3月までに地域・農業者・関係機関との協議を経て、地域計画を策定・公表することとしています。

 詳細については、下記リンク先の農林水産省のホームページをご覧ください。

農林水産省ホームページ「人・農地プランから地域計画へ (外部サイトへリンク)

地域計画とは

人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。農業従事者の高齢化や担い手不足が心配される中、10年後に誰がどのように農地を使って農業を進めていくのかを地域の話し合いに基づきまとめる計画です。

目標地図とは

・10年後の1筆ごとの農地の耕作者を示した地図になります。

・バラバラの農地を担い手に集め、集団化(団地化)を図ります。

・目標地図は、あくまでも10年後の目標になりますので、目標地図に記載されたからといって、農地の所有権等の権利が設定されるものではありません。

地域計画の策定・実行までの流れ

1 話し合いの場の設置・協議

2 話し合いの結果を取りまとめ・公表

3 地域計画(目標地図を含む)の案の作成

4 地域計画案の説明会を実施・関係者へ意見聴取

5 地域計画案の公告

6 地域計画案の策定・公表

7 地域計画の随時更新(地域計画を実現するため実行)

1~7の順で進めていきます。

協議の場の開催について(随時更新)

地域の実情に応じながら、関係者にお集まりいただき、地域の将来の農地利用の方針について話し合っていただく「協議の場」を下記の日程で開催いたします。地域計画は今後の農業において重要な計画となりますので、ぜひご参加ください。

地区 日時 場所 協議の結果
津貫地区
久木野地区
令和51122(水曜日)19時00分から 津貫地区公民館 実施後に掲載予定

※他の地域についても、日程が決まり次第、随時情報を更新していきます。

1chirashi051027chiikikeikaku.jpg
2chirashi051027chiikikeikaku.jpg

※画像をクリックすると拡大します。

参考:地域計画チラシ (PDF形式)

【問合せ先】
農林振興課 農政係(電話:0993-76-1602