位置・地勢・歴史

ページ番号:E015402更新日:

位置・地勢・歴史

位置と地勢

 本市は、薩摩半島の南西部、東経130°19'、北緯31°24'に位置し、北は鹿児島市・日置市、東は枕崎市・南九州市に隣接し、南側及び西側は東シナ海に面しています。総面積は283.59㎢で県全体の3.1%を占めています。海岸線の北西部は砂丘地帯を形成し、南西部は変化に富んだリアス式海岸が続いており、国の名勝『坊津』及び坊野間県立自然公園の指定を受けた景勝地を有しています。また、市の総面積の58.9%が森林で中小の山々が連なり、平野は河川流域に沿って開けています。気象は年平均気温20.7℃、年間平均降雨量は2,155㎜で温暖多雨な条件にあります。

※平成26年全国都道府県市町村別面積調(国土交通省国土地理院、平成26年10月1日現在)により、本市の面積は修正されました。

位置

南さつま市の歴史

history

南さつま市誕生までの経緯

平成15年 08月25日 川辺地区合併協議会設置(加世田市、笠沙町、大浦町、坊津町、川辺町)
09月01日 第1回川辺地区合併協議会
11月06日 第4回川辺地区合併協議会 合併方式、期日決定(新設、H17.1.31目標)
平成16年 03月04日 第8回川辺地区合併協議会
議員定数・任期決定(法定数、設置選挙のみ選挙区)
04月15日 第10回川辺地区合併協議会 新市名称決定(南さつま市)
05月13日 第11回川辺地区合併協議会 新市建設計画素案を報告
05月17日 各市町において住民説明会実施(〜6月10日)
07月28日 川辺町の協議会離脱を決議(同町議会市町合併調査特別委員会)
08月12日 第15回川辺地区合併協議会 川辺町が住民投票結果を報告し、協議会離脱を表明。
09月03日 協議会からの川辺町離脱成立(各市町議会で協議会規約変更可決)
10月18日 第16回川辺地区合併協議会 1市3町で協議再開
10月31日 金峰町で当協議会への参加を問う住民投票実施(参加賛成:3,717票、反対577票)
11月02日 金峰町の当協議会への加入申込を決議(金峰町議会合併調査特別委員会)
11月08日 金峰町の当協議会への加入申込を議決(金峰町臨時議会)
11月16日 当協議会への金峰町加入成立(各市町議会で協議会規約変更可決)
12月09日 第20回川辺地区合併協議会 新市名称、事務所位置を再協議・決定(南さつま市、総合支所方式、事務所:現加世田 市役所)
平成17年 01月12日 第22回川辺地区合併協議会議員定数任期を再協議・決定、新市建設計画決定(定数特例、設置選挙のみ選挙区設置)
01月26日 第23回川辺地区合併協議会 合併期日決定(平成17年11月7日)、全協定項目協議終了
01月27日 各市町において住民説明会の実施(〜2月17日)
02月24日 合併協定調印式
03月01日 各市町議会において廃置分合議案議決(〜3月3日)
03月15日 鹿児島県知事へ廃置分合(合併)申請
07月06日 鹿児島県議会おいて廃置分合関係議案可決
07月07日 鹿児島県知事による廃置分合決定
08月16日 廃置分合 総務大臣告示
10月20日 第30回川辺地区合併協議会(最終) 南さつま市市章決定
11月07日 「南さつま市」誕生