環境・ごみ処理等

「2050年ゼロカーボンシティ」の表明について

ページ番号:E023929更新日:

 2050年二酸化炭素排出実質ゼロを目指します!

 近年、世界各地では様々な異常気象が観測され、猛暑や干ばつ、集中豪雨など、様々な環境への影響が進行しています。自然豊かな環境は、次世代に引き継いでいかなければならない大切な財産であり、環境問題に対する意識を高め、地球環境の保全や脱炭素社会の実現に向けた具体的な取組を推進し、持続可能な社会を構築することが求められています。
 本市におきましても令和4年2月25日、2050年までに温室効果ガスの排出量実質ゼロを目指す、「ゼロカーボンシティ」を表明いたしました。
 今後、更に市民・事業者と協働して温室効果ガスの排出を抑えるとともに、気候の変動による影響に備えるなど、様々な取組を進めてまいります。

1shousho040225nisankatansozero.png

※画像をクリックすると拡大します。

ゼロカーボンシティとは

 環境省では、「2050年に温室効果ガスの排出量又は二酸化炭素排出を実質ゼロにすることを目指す旨を首長自らが又は地方自治体として公表された地方自治体」をゼロカーボンシティとしています。

【問合せ先】市民環境課 生活環境係 76-1521[直通]