おとなの風しん任意予防接種費用を一部助成します

ページ番号:E021848更新日:

 妊娠初期の女性が風しんウィルスに感染した場合、胎児に感染して先天性風しん症候群(難聴・白内障・先天性心疾患など)を持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。南さつま市では、妊婦と赤ちゃんを守るために、予防接種費用の一部助成が始まりました。

1 助成対象者

 風しんの抗体検査を受け、抗体価が低い方(HI法では16倍以下、EIA法で8未満)で、予防接種日に南さつま市に住民登録されている方のうち、次のいずれかに該当する方

①妊娠を希望する女性

②抗体価が低い妊婦の配偶者

③抗体価が低い妊婦と同居している者

※鹿児島県による無料の風しん抗体検査が行われています。詳しくは鹿児島県のホームページをご覧ください。

鹿児島県風しん抗体検査ホームページ(外部サイトへリンク)

 ※また、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性の方については、国の風しん追加的対策により、風しん抗体検査と抗体価が低い方への予防接種が無料で実施されています。詳しくは、こちら【市民の皆様へ⇒感染症対策】をご覧いただくか、保健課地域健康係へお問い合わせください。

  

2 助成対象ワクチン

 風しんワクチンまたは麻しん風しん混合(MR)ワクチン 

3 助成金の額及び交付回数

 予防接種費用のうち、3,500円を上限として一人につきいずれか1回

4 申請期限

 接種日に南さつま市に住所があり、かつ接種日から6か月以内

5 申請方法

 接種後、以下の書類を子ども未来課 母子保健係に持参していただき、申請書を記入していただきます。確認後後日、口座振込により助成します。

風しん任意予防接種費用助成金交付申請書兼請求書(第1号様式) (PDF形式)

・接種費用の領収書等(予防接種日、ワクチン、金額が確認できるもの)

・抗体検査の結果が確認できるもの

 (対象者①は妊婦健診での血液検査書でも可)

・振込先口座(接種者名義)が確認できるもの

・母子手帳(対象者②③の場合)

・印鑑

風しん予防接種をうける際の注意事項

・妊娠中の人、または妊娠の可能性がある人は予防接種を受けることができません。

・女性は接種後、2か月間は避妊の必要があります。

おとなの風しん任意予防接種費用助成についてのお問い合わせは

 子ども未来課 母子保健係 電話76-1541